有料老人ホームへの住み替えをサポート

いまは若々しく元気だけど、年齢はもう80歳代~90歳代になるので一人で暮らしている親御様を心配される方も少なくないと思います。同居したいけど迎え入れる部屋がなかったり、提案したけど「一人の方がのんびり気楽」と親御様から断られてしまい、有料老人ホームを検討される場合に次のような悩みがあります。

このようなお悩みありませんか

  • 有料老人ホームへの入居一時金や月額料金の準備をどうするか
  • 家を売却して費用を準備したいけど認知症の疑いで売却できない
  • 使わなくなった不用品の廃棄処分をどうしたらいいか分からない 

・今の住まいの近くで探したいという親の希望で探して、やっと条件の合うホームが見つかったけど、入居一時金を払うために早急に自宅を売却しなければいけない

・認知症の初期状況で入院した親から、お見舞いに行ったときに家の売却を頼まれたけど、不動産会社に相談へ行ったら認知症の方が所有している物件は売却ができないと断られてしまった

・自宅を売却するためには、家具や家電製品など全て片付けて空室にするように不動産会社から言われたけど、廃棄処分をする時間がない

賢者の不動産売却では、こういった悩みの総合窓口としてサポート致します。

サポート内容

賢者の不動産売却では、有料老人ホームへの住み替えに対して、ご家族が負担なく安心して進めていけるように次のサポートをしております。

ホームの無料相談・無料紹介

ご要望を伺い、「立地・アクセス・ご予算面・医療・介護体制・設備」など、お客様のご要望に合った施設をご紹介させていただきます。条件を満たすホームの見学まで完全無料で行えます。

ご所有不動産の売却サポート

ご所有する不動産の売却資金を入居一時金へ充当する場合や、売却するまでの煩わしい手間を省きたい場合には、不動産買取により短期間での現金化をサポート致します。

売却して現金化するまでに一定期間の時間の猶予があり、内覧へのご協力や室内不用品の処分にご対応頂ける場合には、仲介サポートにより最高値での成約に向けてサポート致します。

成年後見制度手続き

不動産を売却する場合は所有者の意思表示がないと売却することができません。そのため認知症等で判断能力がない場合は、成年後見制度を利用して後見人を選任して売却することが可能になります。後見人はご家族がなることもできますし、法律の専門家である弁護士や司法書士へ依頼することもできます。裁判所への申請手続きは司法書士がサポート致します。

不用品買取・廃棄処分

売却が決まったら、買主に引き渡すために室内の動産をすべて撤去して空室にする必要があります。仕事で忙しかったり、遠方にお住まいで「片付や廃棄処分がなかなかできない」という場合には、廃棄処分会社と不用品買取会社がサポート致します。

買取ができるものは不用品買取会社が買取をさせていただき、その他の不用品は廃棄処分会社がすべて撤去致します。買取資金を廃棄処分費に充当することができるため、通常で依頼するよりコストが抑えられるメリットがあります。

引越

ホームへ入居する際に、ご自宅から持っていけるものは限られています。大半のホームで認めている搬入家具として、ベッド・テレビ・寝具・衣類・テーブル・椅子に多少の増減がある程度となります。これらの家具をホームへ運び、テレビアンテナなどの簡単な配線までをサポートする「単身楽々パック」で安価な引越をサポート致します。

専門家チームのワンストップサポート体制

賢者の不動産売却では、ホーム探しから入居までをご家族様の負担がないよう、不動産会社・弁護士・司法書士・税理士・不用品買取会社・廃棄処分会社・引越会社・その他各分野の専門家とチームを組成して、ワンストップでサポート致します。

>ご質問・ご不明点はございませんか?

ご質問・ご不明点はございませんか?

もっと深く知りたいなど、ご意見がありましたらお問い合わせ下さい。
より詳しい分かりやすい情報をあなたに提供致します。