• 2020年11月22日

土地を等価交換した際の特例とは

1991年に制定された生産緑地か制度(市街地の計画的な農地の保全)が2022年に終了します。その間、固定資産税が押さえられていました。そして30年後に自治体が買い上げる予定でしたが財政的に厳しくなり、その約束も守れない状況にあります。 超高齢化社会に […]

  • 2020年11月11日

認知症になった親の不動産を売却する方法を解説

不動産の売買契約には、所有者の意思がとても重要です。 つまり、「正常な判断ができなくなってしまったと医師が認める認知症」になってしまった親が不動産を売ってしまった場合、あるいは買ってしまった場合、その契約は無効となります。 親の意思が不確かなまま、子 […]

  • 2020年11月4日

古家は築何年から?築古物件の売却テクニックを解説

建物の価値は通常、新築の方が高くて築年数が古くなるにつれて価値が減少していきますが、いったい何年経過したら建物価値がゼロになってしまうんでしょうか? ここでは建物価値の算出方法や、古家を売却するときのリスク、古家を高く売るための賢い売却方法などをご紹 […]

  • 2020年10月31日

親子間売買したとき「みなし贈与」扱いされないための注意事項

不動産を親子間売買したときに、贈与と間違われないために売買契約書を作って所有権移転登記に添付します。そして、買主も売主も土地の売買で生じた損益を確定申告に記入して、きちんと申告します。 それでも買主が不動産を取得した翌年5月頃に「未申告の贈与税」の請 […]

  • 2020年10月29日

不動産をフルローンで親子間売買した事例

相続対策に自宅を親子間売買した背景 東京都にお住いの30歳の息子様からのご相談。同じく東京都にお住いのご両親が定年を機に、趣味の釣りを楽しむためにセカンドハウスとして静岡県で古民家を取得。昨今のコロナ禍に年齢から不安を感じたご両親は、静岡県のセカンド […]

  • 2020年10月22日

不動産の売主が法改正で不利に!?瑕疵担保責任と契約不適合責任の違いを徹底解説

2020年4月1日民法の債権法の大改正が行われました。債権法とは、売買契約とか売買契約に関する不法行為等が定められている法律です。 その法律が大改正されることによって、不動産の売買はどう変わったのでしょうか? 一言でいうと、今までの「瑕疵担保責任」と […]

  • 2020年10月16日

二次相続まで考えた相続対策の重要性を徹底解説!

相続に伴い相続人間でトラブルが生じることも珍しくありません。しかし相続対策においては全員が協力することが大切で、特に二次相続まで考えて対策するときには、誰がどのような財産をどれだけ取得するのか、よく話し合わなければなりません。 以下で具体的な対策方法 […]

  • 2020年10月15日

不動産の価値は道路で決まる!道路法や建築基準法を一挙解説

普段の生活で当たり前のように利用する道路ですが、法律上では細かく分類されています。道路と思っていた道が、法律上道路の扱いになっていないことも少なくありません。道路は建物を建てるのにとても重要な要素なので、不動産の価値を決めると言っても過言ではありませ […]

  • 2020年10月14日

底地権ってなに?借地権との違いを解説

土地に関する権利に「底地権(そこちけん)」というものがあります。自身名義のマンションや一戸建てを持っていないと聞いたことのない権利かもしれませんが、不動産売買などにおいては重要な権利です。 今回は底地権について解説し、「借地権(しゃくちけん)」との違 […]

  • 2020年10月14日

借地権の価値を調べるときの借地権割合ってなに?

借地権を利用して建てられた建物には、借地権割合が設定されています。これは、借地権の価値を適切に判断するために、国税庁によって設定されているスコアです。 一般には相続や贈与の際にしかチェックすることがないので「見方が分からない」という方もいるでしょう。 […]

RANKING ランキング TOP5

>ご質問・ご不明点はございませんか?

ご質問・ご不明点はございませんか?

もっと深く知りたいなど、ご意見がありましたらお問い合わせ下さい。
より詳しい分かりやすい情報をあなたに提供致します。